The pipe rest

無駄使いの記録

久々のiPhone


f:id:rejaiubvjearti:20151031223115j:image
iPhone6sを購入して久々にiPhoneユーザーになった

 


f:id:rejaiubvjearti:20151031223138j:image
s付きは昔から外見は殆ど変わらないマイナーアップデートだが中身は目新しい機能が追加されている。今回も外観はほとんど変わらないものの、3G touchやカメラの強化、メモリの増加など大幅なアップデートがなされている。
かなり完成度の高い端末だということで、5以降しばらくの間Androidユーザーになっていた私も久々にiPhoneに戻ってきた。iPadとの連携などを考えると何だかんだ言ってiPhoneが一番自分には合っているという結論に立ったのだ。
 
外観は殆ど変化はないが、アルミニウムの素材が変化されており、持った時の手触りが異なる。6が発売当初「曲がる」と言う悪評を得てしまった事を受けてか丈夫な素材に変更されているらしいが、その代わりに重量がかなり増えている。
確かに持って比べてみると結構違うが、普段使いをする上では特に気にならなかった。重くなっても十分軽いと思う。
 
ただ、アルミ素材に曲面加工と言うこともあって滑りやすさは相変わらずケース無しだと落としそうでヒヤヒヤする。
そういう訳で早速Andmeshのケースを付けてみた。思ったよりもサラサラとした素材だったのでケースを付けてとなお滑りやしないかと思ったが、背面に空いている穴が良い感じに引っかかってグリップ感は中々のもの。
 
f:id:rejaiubvjearti:20151031221822p:image
iPhoneは「サクサク」と言うよりは「ヌルヌル」と言った表現の方が正しいように感じる。
アニメーションが優秀なためか実際に速度を比較するとAndroidの方が早い場合でも体感速度はiPhoneの方が早く感じるのはそのためだろうか。アプリも全体的に作り込みがされていて玉石混交のAndroidと比べると良いものが揃っている。
個人的に重要な要素である辞書アプリも色々と豊富に揃っているのもiPhoneに変えたかった理由の一つ。
 
フォースタッチ改め3D touchの使い勝手はイマイチ。と言ってもこれはまだユーザー側が慣れていないというのも大きいのだろうが。最新のnexusにも追加された指紋認証も当初は要らない、という評価を下されていたように記憶している。
画面の端を強くタッチしてアプリの切り替えは積極的に使っていきたいところだがどうもうまく反応しない時がある。誤操作してスワイプになってしまうこともあるので少々面倒だ。
純正キーボードを強く押し込むとトラックパッドに早変わりするが、これもうまく出来ないことがあり、無意味な文字が並ぶことになる。何気にカーソルの微調整も難しい。
現状どのアプリもホーム画面でのショートカットだけであり、上手く使うアプリがもう少し増えると良いのだが…。
 
f:id:rejaiubvjearti:20151031221829p:image
電池持ちはあまり良くないという評判らしいが、私の使い方では帰宅時に半分以上残っている。良くも悪くもバックグラウンドで動いているアプリが少ないので、ZenFone2と比べると電池の減りがかなり緩やかで帰り道も安心して使えるのは良い。
電池持ちを考えてplusのほうにしようかとも考えたが、私にはオーバースペックだったのかもしれないので結果的に普通の方でも必要十分であった。
 
f:id:rejaiubvjearti:20151101192117j:image
f:id:rejaiubvjearti:20151101192130j:image
カメラは安定してiPhoneらしい見栄えのする絵作り。スナップショットやメモを撮るには必要十分。私の場合気合を入れて撮るときには一眼レフを使うし。
 
f:id:rejaiubvjearti:20151031221919j:image   f:id:rejaiubvjearti:20151031223242j:image
簡単にだがZenFone2と比較してみた。
流石に値段が3〜4倍違うので比較は酷だが、圧倒的にiPhoneの方が見た目は良く撮れる。ただ、後で調整する分にはZenFone2も負けてはいないだろうけれど。
 
唯一の不満点としてはスクロール速度がAndroidと比べて遅い点。
長い記事を斜め読みした時などはちょっと指が疲れる。
それ以外には概ね満足。そんなにヘビーに使わないけれど品質の良いものを持ちたい、という人にはiPhoneはピッタリなのだろう。
問題はその値段なのだろうが…。