The pipe rest

無駄使いの記録

Ankerのキーボード

先日のアマゾンプライムデーでlighteningケーブルのついでに購入したAnkerの小型キーボードが届いてたのを忘れてので久々に無線のキーボードを使ってみる。

 
f:id:rejaiubvjearti:20150715204849j:image
 

 

サイズ的にiPadやらにタブレットと一緒に使うことを想定している模様。デザインはAppleの純正キーボードっぽいけれど実際はプラスチックに塗装が施してあるだけなので大変安っぽい。実際通常価格でも1000円程度と無線の割には安いんだけれども。
 
f:id:rejaiubvjearti:20150715205030j:image
 
キーは英語は配列。かなりちゃっちいのでガンガン使うとあっという間に文字が剥げそうな気がする。それ以前に打ち心地が悪いので(はるか昔のメーカー付属のパンタグラフキーボードを彷彿させる…)そんなに使う前にストレスで叩き折りそうだけれども。
重量は測ってないけれど恐ろしく軽いのでエマージェンシー用に鞄に放り込んでおくといいかもしれない。折りたたみ式のキーボードはどうも耐久度的に心配で好みじゃないし。
 
f:id:rejaiubvjearti:20150715205537j:image
 
バッテリー式じゃなくて電池式。単四電池2本と比較的一般的仕様かと。
何気にファンクションキーがいっぱいあって便利なんだけれどもタブレットだとどうも使えるキーと使えないキーとが混在していてわかりにくい。たまーに使う存在になりそうだ。
 
結構昔に使ってみたポケモンキーボードはかなりコストパフォーマンスが優秀だったんだなぁなどと思うのだった。